FXで稼ぎたい人に朗報!
買収の全てがココに!

買収効果

企業などが、ほかの企業の株を現金や株式交換によって取得し、その相手企業を配下に置いたり合併、吸収することを買収と言いますが、この買収によって得られる効果の事を買収効果と呼んでいます。

企業が企業に対して行う場合には、多くの場合この買収による効果を狙ったものになり、それによって企業は新規分野の進出などのメリットを得るのです。

こうした買収効果は、基本的に2社以上の企業によって行われるために、シナジー効果と称される場合もあります。
シナジー効果のシナジーとは、英単語の「Synergy」の事であり、共同作用、共働という意味を持っています。

つまり、シナジー効果とは共同作用による効果、相乗効果などの意味になり、企業と企業が合併したことにより、それぞれの企業が単体では成し得る事ができなかった事業展開などが行える、という事になるのです。

買収による効果には様々なものがありますが、その中でも最も大きなものの一つが、コストの削減になるでしょう。
例えば、これまで参入したことがない分野に対して新規に事業を起こす場合には、資金、時間、労力に対して大きなコストを掛けなくては、立ち上げることができません。

しかし、その分野に対してある程度の事業実績のある企業を買収することができれば、こうしたコストを支払うことなく、新しい分野で事業を行うことが可能となるのです。

また、買収によって新たな販路を得たり、売り上げのシェア率を拡大させることに関しても大きな効果を得ることができます。
二つの企業がそれぞれに単体で運営をしていくよりも、より広い範囲により的確な販売を仕掛けることも可能であり、単体での売り上げよりも大きな成長を見込むことができるのです。

これ以外では、買収した企業のそれまでのノウハウを吸収することに得られる効果もあります。
例えば、技術的な面においてもそれぞれが持つ技術を掛け合わせることによって、より価値の高い技術を生み出すことも可能になります。
また、企業の運営に関してのノウハウの取得も大きな効果となり、事業の業務効率を改善することもできるのです。

このように買収効果には、企業と企業の合併によるシナジー効果以外にも、様々な効果があり、例えば、買収される側の企業の資金などを、買収した側の企業が有効的に活用することで、資金投入が効果的に行われるようになる場合があります。

また、特殊な例では赤字の企業を買収することにより、その赤字の損失を繰越欠損金とし、節税の効果を求めていくという買収効果を得ることもできるのです。