FXで稼ぎたい人に朗報!
買収の全てがココに!

買収アドバイザー

買収アドバイザーとは、企業間で行われる買収、M&A(Mergers & Acquisitions)に関する課題について、アドバイスを行う者の事を指し、財務アドバザーやFA(Financial Adviser/フィナンシャルアドバイザー)と呼ばれることもあります。

企業などが、事業の拡大や新規分野への参入、新しい技術やノウハウなどの吸収のために、ほかの企業の株を取得し、その相手企業を配下に置くことが買収の目的になります。
こうしたことから、企業の考え方や経営戦略が大きく乗ったものが買収になるのですが、この買収が実際に行われる際には、買収の問題や流れに詳しい買収アドバイザーが間に入ることがほとんどです。

買収アドバイザーは、企業が買収を実行する際に必要な手続きをサポートし、契約の成立までを見ていくことを仕事としており、買収までの一連の事柄に対してアドバイスを提供する場合や、その手続きを仲介して行うという場合もあります。

そのために、買収アドバイザーの仕事の内容は多岐にわたり、企業の買い手、もしくは売り手の選定から始まり、実際の買収の進め方の方法の設定やアドバイス、相手先との交渉の仲介や、買収が行われた場合の企業の価値の算定、最終的な契約の合意とその後のアドバイスまでを一貫して行っていきます。

分かりやすく言えば、買収アドバイザーは、家電量販店にいる店員スタッフのような役割をしていると考えていいでしょう。

実際に冷蔵庫を買いに行った場合、どのメーカーがどのような機種を出しているのか、どのような機能が備わっているのか、ランニングコストはいくらぐらいなのか、という事をパンフレットや商品説明のタグなどを見て買うことは非常に難しい事でしょう。

しかし、そこに広く深い知識を持つアドバイザーの店員がいれば、こちらの要望を伝えることによって、見合った冷蔵庫を探してきてくれ、さらに値引きの交渉なども円滑に行うことができるようになります。

買収アドバイザーは、お客さんである買収を行いたい企業に対して、的確な相手先を見つけ、交渉を行い、最善の買収を行うための手助けをしてくれるものになるのです。

こうしたことから、買収アドバイザーには様々な能力が求められることになり、財務会計や税務、法律などの知識や経験はもちろんの事、企業の経営を理解し、さらに交渉を円滑にしたり、会議の場での情報の整理や意見合意を促したりとするコミュニケーションの能力も問われる事になります。